私が脱毛した理由!

脱毛サロンで脱毛
付き合っていた彼氏にしきりに言われていた言葉があります。

それは「鼻の下の必要ない毛が濃い」というフレーズでした。

鼻の下にすごい量の必要ない毛が生えるのです。

これを私はいつも笑われていました。

はじめは気にしないフリをしていたけど、段々と彼に笑われるのが嫌になってきて、脱毛を考慮し開始出来ました。

一度彼に「髭みたい」と言われて笑われたのです。

これが地味にショックで傷つきました。

だから脱毛してやろうと思ったのです。

もう彼氏に笑われるのは耐えがたかったです。

私が必要ない毛を脱毛すると言ったら彼は思ったよりも協力的でした。

もしかして彼も笑いながら私の鼻の下の必要ない毛を気にしていたのかもしれません。

彼が協力的に脱毛をするのをバックアップしてくれる姿を見て、脱毛をするように決めて良かったと考えました。

鼻の下の脱毛をする事例に脱毛サロンの店舗の方に鼻の下の脱毛の事を話して気恥ずかしい考えはしました。

でも向こうは事務的に聞いてくれたので、そこまで気にせずに済みました。

この脱毛が相当に成果的で、あんなに著しくなっていた鼻の下の毛がちゃんと脱毛されて行きました。

もう見るだけで嬉しかったですね。

すごい量生えていたので、そこの毛が減って行くのは清々しい想いで見れました。

見守ってくれていた彼も脱毛をして鼻の下の毛が生えて来なくなってからは嬉しそうにしてくれます。

顔の必要ない毛の脱毛は影響抜群で思っていた以上の脱毛成果を発揮しました。

彼にじっと見られてももう恥ずかしくないのでハッピーなです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です